「アンフェア」で憧れる女性像


「アンフェア」で憧れる女性像

ドラマ「アンフェア」は篠原涼子主演の女刑事ものです。この主人公が美人ですが黒のスーツとコートを身にまとい、大酒飲みのバツイチ子持ちというめちゃくちゃですがかっこいい雪平夏見という人物です。この検挙率ナンバー1の刑事が事件に巻き込まれていくことかからドラマは始まります。

初めはバツ事件に巻き込まれ、身近な人がどんどん殺されていきます。しかし本当の復讐のターゲットは雪平夏見であったのです。そのため、この事件を解いても娘が誘拐されたり、親友に裏切られたりと日本中を敵に回しそうな勢いでした。娘のために命をかけて戦う姿はかっこよく拳銃を撃つ姿も様になっています。

裏切り者が誰かというのがこのドラマのもうひとつの魅力だと思いますが、本当に予想も人物が次々と雪平夏見を裏切ります。このドキドキ感がたまりません。また主要キャストや大物ゲストが次々に死んで行くのでどういう展開になるのかまったく予想がつきません。最終回は衝撃ですが、途中で犯人を予想していたので謎解きを楽しめました。

さらに、スペシャルドラマではもっとも信頼していた人物にまさかの裏切りにあいます。このドラマの伏線としては雪平夏見の父親の死というのが大きなテーマとしてあり、なかなかこの真相にはたどり着くことができません。

映画の一作目では警察病院を舞台に警察庁長官人質事件とバイオテロが起こりますが、またも雪平夏見の娘が巻き込まれ、事件に関わっていきます。この映画でも裏切り者は意外な人物で怪しい人がいっぱいでてきます。映画ということでスケールも大きくアクションシーンも見たえがあります。

この次の映画2作目は恋愛関係も複雑化し、新たな登場人物もふえます。しかしなかなか事件の解決にはたどり着けません。雪平夏見の女性的なシーンは見られますが、真犯人と父親の死の謎は映画3作目へと持ち越されていきます。

この「アンフェア」はサスペンス好きにはぴったりのドラマだと思うので、見てほしいです。